自動車の「購入・買取・保険・新車情報」など車情報ブログ!

新車・中古車の購入や中古車買取に役立つ情報ブログ|カーブロ

ドライブ 運転・マナー・交通

一般道で追い越し運転をしても、時間短縮にはなりません。高速もかな?

投稿日:

追い越しても無意味。
急いでいるときや、前の車の速度が遅いときなど、ついつい追い越しをしてしまう事があると思います。

特に時間を急いでる場合など、追い越して少しでも早く行きたいという気持ちはとても分かりますが、少し急いだところでどれくらい時間短縮できつのでしょうか?

実は、追い越し運転はあまり意味のない行為なのです。

一般道路での追い越しは無意味

高速道路の様な長い距離を走る場合は、信号などがない為に追い越し運転をするとある程度の時間短縮が出来ますが、「一般道」では信号もありますし、歩行者や自転車の人もいます。

そのため、追い越し運転などをして少しでも時間短縮を仕様としてもあまり到着時間は変わりません。

何よりもそのような運転は危険で、周りの車にも危ないですし迷惑です。一般道でも高速道路でもどちらもそうですが、いつどの車がどんな動きをするか分かりませんので頻繁に車線変更をしたり、追い越し運転をしたりすると事故を起こしかねませんので、やめてください。

急いでるときは事故が起きる!

急いでいる時やイライラしている時は判断能力が鈍くなりますので、あらゆる危険を見逃しやすくなります。穏やかに運転していれば気づけた「歩行者の存在」も、焦っているために見逃してしまってはどうしようもありません。

全く意味のない時間短縮をした危険運転をするより、焦らずに運転に集中したほうが安全で的確な判断が出来るはずです。

 

 

本人は急いで運転しているかもしれませんが、他の人はそんな事情なんて知る訳がありませんよね?それなのに車間を寄せられたり、無理に追い越して来たりされたら誰でもイラッときます。

このような運転をする方は、される側になった場合にもとてもイラッと来てしまうタイプかなと思いますので、自分がされて「危ない」「ムカつく」などと思う運転は自分の為にも周りの方の為にもやめましょう。

一般道で追い越し運転をして時間短縮をしても、時間はほとんど変わらないですし危険ですので絶対にやめましょう。







-ドライブ, 運転・マナー・交通

Copyright© 新車・中古車の購入や中古車買取に役立つ情報ブログ|カーブロ , 2017 AllRights Reserved.